施工事例

花ブロックプラスは外には使えないのですか?

花ブロックプラスは海外からの輸入商品です。実は海外では普通に外で使っています。花ブロックプラスの特徴としては白く塗装不要、軽く(200角の場合、厚み65mm・3kg)、キメ細かく仕上げ美しい…があげられます。

むしろこの特徴を考えますと店舗やマンション、一般住宅の内装の方が向いているのです。

花ブロックプラスの四方の溝が見える写真

日本は地震の多い国ですが、海外の地震の少ない国では、鉄筋を入れるための溝が幅が狭く、浅いため、日本のように直径10mmの異型鉄筋を入れるのが難しいのです。むしろその溝はモルタルの食いつきを良くするための溝とも言われています。

そのため日本では他人が歩く歩道など、地震で塀が倒壊したときに第三者に被害を与えないように、あえて内装材としています。

もちろん内装材と言っても、そもそも海外では外でも使っています。ただ使う場所や高さなど、もしもの時に人に危害が及ばないように安全な場所で安全な施工法を施工店様と一緒に考える必要があります。

家のガレージの壁に使った花ブロックプラスとベスパ CP30-002-W   外で使う場合は上記写真のように倒壊しても第三者に危害が及ばない敷地内をお勧めしています。

マンションの壁に花ブロックプラスを埋め込んで明るくなった部屋
↑内装ではこのような使い方は美しく安心感がありますね(^^)/

弊社には別シリーズで花ブロックベーシックという外構向きの花ブロックがありますのでそちらも併せてご検討ください。

では花ブロックプラスを外でも使っている例をあげてみます。

沖縄料理屋の入り口の花ブロックプラス
↑こちらは沖縄料理店のお店の前に施工した花ブロックプラスです。高さは1.2mで抑え両サイドからコンクリートで支えていますね。

テラスに安全に花ブロックを使っています
↑これは室内からテラスに出たところの目隠しです。完全に周りをコンクリートで囲って中央にデザインとして使われていますので安心感があります。

デッキテラスの手すりに花ブロックを施工
↑こちらもデッキテラスの手すりに装飾用に花ブロックプラスが使われています。高さも60cmくらいですね。これなどはよい例で、普通の外構用の厚みがある花ブロックベーシックではこんな装飾は無理だと思いますし、粗面のため美しくないと思います。花ブロックプラスならではの長所を活かした使い方だと思います。

和食のお店の店内に目隠しとして花ブロックプラスを使用
↑こちらは内装になりますが花ブロックプラスを天井まで使っています。しっかりと四方をしっかりとした木枠で支えています。

いかがでしたか?弊社の花ブロックは2シリーズあり、用途によって使い分けが可能です。製品の特長を活かしてご採用ください。

選べる2シリーズ!花ブロックの商品明細やカタログ、見積りはこちらです👆

 

 

 

株式会社クラスプラス

〒654-0063
兵庫県神戸市須磨区月見山町3-2-32-309

営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜・祝日
TEL 0120-768-676

施工エリアについて
埼玉県蓮田市を中心にさいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、白岡市、久喜市、幸手市、春日部市、川越市、入間市、狭山市等(施工できないエリアもあります)で花ブロックの施工の受付を行っております。 (花ブロックの材料販売は全国配達OKです)
花ブロックは数量によっては納期がかかりますためお早目のご予約を承っております。

© classplus.website

×